本サイトについて

偏頭痛や低血圧の頭痛は病院で薬をもらって治療している人もいます。症状としては吐き気などもありますので治し方や対処法を知っておきましょう。低血圧は貧血にもつながります。朝の食事などもしっかい食べるようにしてください。

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

偏頭痛の症状

 「なんだか頭がガンガンする」「こめかみのあたりからズキズキして痛い」、そんな症状が日常的に現れているのに、自らを「私、頭痛持ちだから」なんて言って諦めている人、いませんか?
 偏頭痛はその名の通り、頭の片側のこめかみから目にかけてのあたりがズキズキ、ガンガンと脈打つように激しく痛むというのが主な症状ですが、痛みの現れる部位が左右で変動したり、両側が痛むが左右で差がでる、両側が同じように痛むなど、後頭部に痛みを感じるなど、人によって症状の現れ方はさまざまです。
 しかし日本ではこうした頭痛で通院をする患者さんは少ないらしく、北里大学の坂井文彦教授らの調査では、日本で偏頭痛にかかっている人は成人の約8%(約840万人)と見られています。
 そのうち通院しているのは、その3割にも満たないとか。頭痛は病気である、と認識がまだまだ低いわけですね。たしかに、「ちょっと我慢していれば治まるから……」「いつものことだから……」と我慢している人、割合見かけますよね。
 けれど偏頭痛も立派な病気の一種。症状がひどい時は、ペインクリニックや脳神経外科・内科で診断、治療を受けてみてはいかがでしょうか。
 また、頭痛を専門として診察してくれる「頭痛外来」という病院もあります。

偏頭痛の原因

偏頭痛の原因はさまざまですが、代表的なものとしては、過労、睡眠不足、精神的ストレス、女性ホルモンの低下、環境の変化、マグネシウム不足が挙げられます。
 こうして見てみると、偏頭痛は日常生活の乱れから起こる病気とも言えそうです。もちろん適度な量の仕事をし、睡眠をたっぷり取り、ストレスの少ない生活を送る……というのが理想なわけですが、それはこの現代社会では、なかなか難しいですよね。
 ではここで偏頭痛の原因のひとつである「マグネシウム不足」に注目してみましょう。マグネシウムが脳内から不足すると、カルシウムが細胞の中に溜まり、血管が緊張、偏頭痛が起こりやすくなるといわれています。
 厚生労働省では、1日マグネシウム所要量として成人男子で280〜320mg、成人女子で240〜260mgとしていますが、現状ではほとんどの人が必要量の摂取ができていない状態です。
 この結果を見ると、日本人の誰もが偏頭痛になる地盤を持っていることになりますね。
 このマグネシウム不足の主な原因は、食生活の欧米化と言われています。マグネシウムが多く含まれている食品は、ごまや雑穀、未精白の全粒穀物類や魚介類、ほうれん草などの緑の濃い野菜やナッツ類等。これらの食品は伝統的な和食(玄米ご飯にほうれん草のごま和え、焼き魚などのメニュー)を心がけることで摂取することができます。
 少し食生活に気を配るだけで偏頭痛がよくなるかもしれないのですから、頭痛に悩まされている方は今日から食事を意識してみることをオススメしますバランスの取れた和食は、頭痛だけでなく身体にもいいですしね。偏頭痛の症状としては吐き気などもありますので治し方や対処法を知っておきましょう。

偏頭痛の治療法

 食事療法は予防にはなっても、その効果はあくまでも補助的なもので、すでに起こってしまった偏頭痛を治療するほどの効能は期待できません。
 やはり片頭痛の治療法の中心は薬物療法です。片頭痛の薬物療法には大別すると二つの方法があります。一つは頭痛発作が出たときに対処する「頭痛抑制治療」という方法。もう一つは頭痛を出にくくする治療法である「頭痛予防治療」。
 一般的には頭痛抑制治療から開始します。この治療によっても症状の改善が見られなかったり、引き続き頭痛が頻繁に起こるようであれば、頭痛予防治療を追加します。
 片頭痛の予防効果が認められている薬は、抗うつ薬、βアドレナリン遮断薬、バルプロ酸、カルシウム拮抗薬などがありますが、日本ではカルシウム拮抗薬の塩酸ロメリジンが保険適応となっています。
 また、偏頭痛の症状を出にくくする方法として、食事は3食しっかり食べる(頭痛は空腹時に起こりやすい)、チョコレートや赤ワインなどの飲食物は避ける(チラミンという血管を収縮させる物質が含まれているため)、寝過ぎや寝不足は避ける、等が挙げられます。
 自分が何を食べ、どういう生活をしているときに頭痛がでやすいのかをきちんと把握することで、偏頭痛の症状はある程度予防することができるのです。


低血圧とは?

 低血圧とは、一般的には収縮期血圧の上が100以下の人をいいますが、その多くの人は原因のない体質性のもとといわれており、特に若い女性の方は低血圧で悩んでいる人がほとんどです。
 低血圧の症状として、よく眠ったはずなのになかなか起きられなかったり、ふらついたり、めまいがしたり、立ちくらみや耳鳴り、脱力間、貧血、頭痛、そして冷え性などがあげられます。
 低血圧は高血圧のように深刻な病気を招く心配は少ないのですが、体がだるくて朝起きが悪い、仕事や家事に気力がわかないなどと日常生活においても悪影響をもたらしてしまいます。
 低血圧は日常での食事や生活習慣を見直すだけでも、改善することは充分に可能だといわれています。低血圧は、夜遅くまで起きていることで朝寝坊な人に共通しておりますので、少しでも早く眠れるように夜は照明などを暗くするなど心がけることが必要です。
 そして、低血圧は日常における対策として、定期的に大きなコップ2杯くらい(500ml〜1L)の水を飲むことで、飲んだ5分後くらいから血圧がどんどん上がり、90分間その効果が維持するのだそうです。
 朝のシャワーや朝食をきちんと取ることで、交感神経の働きが高まって症状が緩和されるし、血液の循環をよくするためにも早歩きや軽い運動を心がけることも必要です。

低血圧や頭痛・貧血・めまいなどについて

 低血圧の症状は、貧血の症状と似ているため区別がつきにくいかもしれません。しかし、低血圧と貧血は原因が全く違うので改善方法をそれぞれ違ってきます。
 貧血は多くの場合、鉄不足から血液中の赤血球、または、ヘモグロビンが少なくなって起こってしまいます。血液中の赤血球やヘモグロビンの量は、血液検査をしてもらったらすぐにわかりますが、献血をした際に検査結果を送ってもらうこともできます。
 そして、低血圧の場合は、血液のめぐりが遅く、体の場所によっては血流量そのものが少なくなってしまう状態のため、急に立ち上がったりしてめまいが起こってしまうのも、血圧が下がってしまうことが原因となります。
 そのほかにも、低血圧の症状は多彩で精神神経症状(脱力感、易疲労感、頭痛、めまい感、耳鳴り、不眠等)、循環器症状(胸部圧迫感、動悸、息切れ、四肢の冷感等)、消化器症状(上腹部膨満感、食思不振、悪心、嘔吐等)などが知られています。

低血圧の改善や対策

低血圧を予防する対策として、女性の場合、足を圧迫する弾性ストッキングを着用することで、足の末梢血管に血液がたまり、血圧を低下するのを防ぎます。
 それと、十分な睡眠をとること、適度な運動をすること、規則正しい生活を常に心がけて下さい。人ごみや、猛暑の時に特に症状が出やすく、増悪する人も多いのでこのような状態になるべくならないように注意が必要です。
 とにかく、めまいや立ちくらみになりそうな場合には、すぐにしゃがむなどして無理をしないようにしましょう。
 低血圧によく効くといわれている食べ物はチーズといわれていて、血圧を上げるホルモンのもとになる物質が含まれています。
 しかし、食べすぎには注意が必要で、一日およそ50グラムほどがベストです。また、ビタミン豊富なゴマや鉄分がたっぷり含まれたプルーンやレーズンなども効果があるといわれています。
 そして、食後にめまいや立ちくらみが起きてしまう食後低血圧の方は、カフェインの入ったコーヒー、緑茶や紅茶を飲むと効果があるそうですので是非試してみて下さい。

偏頭痛の原因と治療法
偏頭痛の原因
偏頭痛の治療法
低血圧と改善方法
低血圧とは?
低血圧や頭痛・貧血・めまいなどについて
低血圧の改善や対策
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康食品