本サイトについて

眉毛の整え方と手入れで印象がかわります。眉毛カットや剃り方(そり方)しだいであなたの魅力はUPしますよ。眉メイク(眉毛の整え方、眉毛カット、アイラインの引き方)なども解説します。

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

眉毛の整え方と手入れで印象がかわる

眉毛って普段人が思うほど意識しないものですが、女性はお化粧で必ずといっていいほど眉毛のお手入れは入念に行ないますよね。眉毛を整えるということは、形や太さや細さによってその人の顔の印象は随分変わってきます。
 眉毛のお手入れの中で眉毛を整えるということは、余分な毛を抜いたりカットしたりと、案外難しいことに含まれます。間違って大事な部分を剃ってしまった!
 なんてことも身近に起こりうる話でもあります。自分に合った眉毛のラインは、自分で想像しながら芸能人の真似をしてみたり、思春期には少し細めになんて、眉毛をいじることで美への意識が高くなってきています。
 今では100円ショップなどでも身近なアイテム用品として売られています。一度に印象が変わってしまうほど眉毛の形を変えてしまうよりも、人によって眉毛の濃い人や薄い人それぞれですから、お手入れは一週間に一度くらいのペースで様子をみていきましょう。
 眉毛の整え方にも注意点があるので気をつけてお手入れしましょう。

眉毛の整え方と手入れの注意点

 眉毛の整え方と手入れの際に気を付けなければいけないポイントをご紹介します。眉毛を整える際に、左右のバランスや顔全体のバランスを確認しなければいけません。眉毛だけが目立つようなバランスの取りかたは、見た目も悪く、失敗している証拠です。
 また、眉毛のカットは、一気にカットしてしまうと眉毛がなくなってしまう可能性があるので低い方から始めるようにしてみましょう。
 一番の基礎は、自分のなりたい眉をアイブロウを使って下書きし、はみ出した部分を剃刀やハサミ、毛抜きなどで整えながら調整していくのがベストではないでしょうか。キレイな眉毛を作るポイントですが、眉頭・眉山・眉尻の位置確認をして手入れしていきましょう。
 ナチュラルが自然体で一番いいのですが、理想的な眉作りを作るためには黒目の横から目尻の間の上に眉山、小鼻と目尻を繋いだ延長戦上に眉尻というように、ポイントを掴んでおくのが一番です。
 眉毛の整え方にも長所や短所がありますが、個々の判断で自分なりの手入れ手段を決め、失敗しないような眉作りをすることです。

眉毛の整え方と手入れのまとめ

 眉毛の整え方と手入れには、人によっていろいろな方法があるようです。描いたり、抜いたり形もそれぞれです。自分なりの形を作り上げるのに慣れるまでは失敗したりすることもあるかもしれませんが、鏡を見ながら徐々に上手になっていくことでしょう。
 一番気をつけなければいけないことは、毛抜きなどで抜く場合、一度抜いてしまうとなかなかはえてこないので注意して形を作らなければいけません。
 眉毛だけでも顔のイメージは随分印象が変わってきます。
 頭の中でイメージしながら描いてみたり、芸能人などの眉を真似てみたりするのも一つの方法ではないでしょうか!自由自在に眉毛を整えたり、描くことができる達人になるのにあまり時間はかからないはずです。
 時には、思うように整えられないこともあるかもしれませんが髪型や化粧の仕方によって変えてみるのもイメージチェンジとしてはいいのではないでしょうか(笑)最近では、まつげのエクステが流行しつつありますが、眉毛は描くボリュームや手入れの整え方によって顔に与える印象は変わってくるはずです。
 眉毛の形で自分らしい魅力を引き出してみましょう。

眉毛の書き方と眉毛の手入れ

 眉毛の流れに逆らわずコームでとかし、はみ出た毛先をカットします。書き方は1本の直線で結ばずに、1本1本眉毛をたしてゆく気持ちで書いてみましょう。
 眉山を中心に外へ外へ書いていくとうまくいきます。眉頭はなるべく薄く書きましょう。濃いと書いてますという眉になってしまいます。
 ところで眉毛の色は髪と黒目の中間の色を選ぶと自然にみえます。まずは眉毛全体の形を見てみましょう。小鼻と目頭の延長線上に眉頭があるようにします。
 そして小鼻から目尻の延長線上のラインに眉尻があります。眉山は黒目の外側の少し外側にあるのが理想です。顔は人それぞれ違いますので(小鼻が大きい人や目の間隔が狭いなど)、基本のバランスをふまえて調節しましょう。
 そして基本的には今の眉の形からあまり変えないようにしましょう。また左右の顔の形は違いますから、顔全体のバランスを考えて形を決めましょう。
 眉頭を内側にして、眉尻を眉頭よりもチョット高めにするとキリッとした印象の眉になります。また「ヘ」の字よりはアーチ形が柔らかい感じを与えます。

眉毛の剃り方と眉毛の手入れ

 眉毛専用のカミソリで少しずつ慎重に剃っていきます。眉全体に乳液またはワセリンを馴染ませます。これは眉毛を柔らかくし、肌の滑りをよくなるため、眉毛を剃ったとき肌への負担が少なくさせるためです。
 産毛など細かい毛を剃るための事なので、無理やり基本になっている眉のラインを剃ったりしないように気をつけましょう。
 顔専用のはお奨めできません、誤って眉まで剃り落としてしまいますから。ところで抜く方がいいのか剃る方がいいのか悩みますが、毛抜きなどで抜く場合、一度抜いてしまうとなかなかはえてこないので注意してください。
 剃り跡の青いのも気になりますが、抜いて眉毛がなくなるのもつらいですよね。極端に離れたところに生えているような毛を剃るやり方がいいと思います。
 またハサミで根元から丁寧にカットしていく方法もお奨めです。遠めで何度も見直して、根気よく好きな眉の形を見つけてくださいね。
 眉毛は週に1〜2度のお手入れを続けましょう。

アイブロウペンシルでの眉毛の書き方

 アイブロウペンシルの人気No.1は、カネボウのケイト アイブロウペンシルN 735円、全6色あって、1.5mmの超細芯で眉尻までキレイに描けるアイブロウペンシルです。
 使いやすいくり出しタイプです。描きやすく、もちはあまり良くないですが値段は安くていいと思います。スーパーやドラッグストアで手に入ります。
 No.2の商品は、エレガンス コスメティックスのスリム アイブロウ、3990円、全6色で硬すぎず柔らかすぎない極細芯タイプで、眉の一本一本まで精密に描けるカートリッジ式アイブロウペンシル。眉毛にさりげなく馴染むマットな質感で肌への密着性にすぐれ、テカリや色消えなどの化粧崩れがありません。アイメイクや髪の色に合わせて選べる繊細な6色バリエーションです。
 カートリッジが1890円、ホルダー2100円です。見た目もエレガントで発色がよく、持ちがよい・落ちにくいです。
 No.3は、資生堂のピエヌ デュアルブロークリエーター、3150円、クリアなペンシルとソフトなパウダーが1本のホルダーにセットできる便利で描きやすいアイブローです。各4色でカートリッジなので経済的です。

眉毛の整え方と手入れ
眉毛の整え方と手入れの注意点
眉毛の整え方と手入れのまとめ
眉毛の書き方、剃り方
眉毛の書き方と眉毛の手入れ
眉毛の剃り方と眉毛の手入れ
アイブロウペンシルでの眉毛の書き方
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康食品