本サイトについて

ノースフェイスのダウンジャケットとジャケットの着こなし方を紹介します。ノースフェイスはバッグ(メッセンジャーバッグ)やリュックも有名です。また、ダウンジャケットやレザージャケットの着こなし方も紹介します。

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

ノースフェイスのマウンテンジャケット

 ノースフェイスのマウンテンジャケットは、1985年に発表されて以来、本格的なアウトドアの人々によって指示されてきました。
 マウンテンジャケットは、寒冷地などでの完全な衣服として、遠征隊のシステムに革新を呼び、その後ノースフェイスのアウターについて厳しいデザインの基準となりました。ノースフェイスの最新テクノロジーは、世界で初めてジャケット自体を暖めることに成功しています。
 アウトドアでのウェアの保温は、自分の体温であり、熱源は人体にあります。スリーピングバックに入ってすぐに暖かくはなりません。しばらく入っていると少しずつ暖かさを感じるようになります。
 これは、スリーピングバックの中の保温素材に閉じ込められている空気が体温によって暖められ、二部の温度が上がるからなのです。
 同じようにジャケットも着ることによって暖かさを感じとることができます。ノースフェイスは、エベレスト最高齢登頂の偉大な事業を成し遂げられた三浦雄一郎氏の挑みをウェア、テント、ザック類など装備面でサポートしました。

紺プレザージャケット復活の予感

 昨今、曜日によってカジュアルデーを設けている職場やIT企業のようにいつでもカジュアルOKという会社が増えています。
 ただし、いくらカジュアルといってもオンビジネスであることを忘れずに服装に気を付けたいものです。仕事場にふさわしい節度と清潔感を保った服装を心掛けましょう。
 上下が揃っているスーツと違い、ジャケットスタイルの場合、上着とパンツの組み合わせ方により印象が大きく違ってきます。色や素材の合わせ方を間違えると、ミスマッチになってしまうので注意が必要です。まず比較的合わせやすい万能選手としては、紺色のジャケットがあります。
 特に今春はいわゆる“紺ブレ”人気が復活の予感がします。上が無地の紺だと、下にサマーウール素材のグレー系や、コットンならチノパンツのようなベージュ系、また柄物ならストライプなどを持ってくると失敗が少なく、清潔感を残すことでしょう。
 ただ下半身だけが浮いて見えるような明るい色は避けるのが原則です。一方、モード系の黒のジャケットは職業や場所を選ぶので、あまりおすすめできません。

オンビジネスのジャケットの着こなし方

スーツではなくジャケットの場合、ノータイでもOKです。
 しかし、だらしなく見せないためには衿腰の高いシャツを選んだ方が良いでしょう。今年は男性でも薄いピンク色のシャツや、花柄、幾何学模様などの柄物シャツが流行の兆しがあり、あまり派手にならなければ、色のついたものや柄物を合わせてもステキです。
 その際に、シャツと同色のポケットチーフをジャケットの胸ポケットに差すと、更におしゃれさを増すことでしょう。
 一方、Tシャツの上にジャケットを直接着るのはNGです。衿が付いていないものは、ビジネス上、好ましくないということを念頭においてください。
 また、いくら流行っているからといって、シルバーネックレスなどのアクセサリーをつけるのもふさわしくありません。
 ジャケットスタイルだと、ローファーやスリッポンなどを合わせる人も多いようですが、オンビジネスではヒモ靴が基本となります。パンツのお尻のポケットに財布や携帯電話を入れたり、両脇のポケットにジャラジャラと小銭を突っ込んだりすると、確実にシルエットが崩れ、全体的なバランスが崩れますので、絶対に避けたいものです。

ノースフェイスのダウンジャケット

 ノースフェイスとは1968年米国カリフォルニア州バークレーにてスリーピングバック(寝袋)などを手始めとしてスタートし、その後数々のアドベンチャーシーンなどのサポートやタウンカジュアルカルチャーのリーダー的存在になるなど人気ナンバー1のアウトドアのブランドです。
 現在では当たり前になっているかもしれませんが、ノースフェイスが先駆けたものが、最低何度の気温まで商品が快適に使用できるか記載している「最低温度規格表示」、そしてまた、徹底した生産管理や鵝毛を使用したスリーピングバックなどが、当時ではまだなかったためとても話題になりました。
 ノースフェイスの製品は高品質で、創業以来、現在にいたるまで、テント、バック、ウェアなどさまざまな革新的なアウトドア用品を提供し続けており、右に出るメーカーないないくらいアウトドアの分野では優良な品質ブランドに成長しました。
 ノースフェイスは、日本ではあまり険しいアウトドアは流行っていないため少し聞きなれないかもしれませんが、本場であるアメリカや本格的なアウトドアマニアには、特に人気を得ている有名なブランドです。

ノースフェイスのダウンジャケットの魅力

 ノースフェイスの最初のダウンジャケットは「シェラパーカー(Sierra Parka)」で創業の翌年1969年に発表されました。
 ノースフェイスは当初から高品質であるグースダウンをアウター(外側)ウェアに使用しており、「繊維製品におけるアメリカ合衆国工業規格」によってダウンウェアの品質規格が定められました。
 ダウン(羽毛)が80%以上、フェザー(羽)が18%以内でその他2%以内が規格なのですが、それまでのダウンメーカーの80%が不合格となった中でノースフェイスのダウンジャケットは難なクリアしました。
 シェラパーカーは、生地が65/35の混紡であるものと、リップストップ・ナイロンのものがあり、リップストップ・ナイロンは「シェラリップ」と呼ばれています。
 フロントファスナーをカバーする、金属ドットボタンの付いたダウン入りのふたに、大きなカーゴポケット、手を温める役目など果たし、ダウンジャケットの原型として、多くの模倣のダウンジャケットが生まれてきました。

ノースフェイスのマウンテンジャケット

 ノースフェイスのマウンテンジャケットは、1985年に発表されて以来、本格的なアウトドアの人々によって指示されてきました。
 マウンテンジャケットは、寒冷地などでの完全な衣服として、遠征隊のシステムに革新を呼び、その後ノースフェイスのアウターについて厳しいデザインの基準となりました。ノースフェイスの最新テクノロジーは、世界で初めてジャケット自体を暖めることに成功しています。
 アウトドアでのウェアの保温は、自分の体温であり、熱源は人体にあります。スリーピングバックに入ってすぐに暖かくはなりません。しばらく入っていると少しずつ暖かさを感じるようになります。
 これは、スリーピングバックの中の保温素材に閉じ込められている空気が体温によって暖められ、二部の温度が上がるからなのです。
 同じようにジャケットも着ることによって暖かさを感じとることができます。ノースフェイスは、エベレスト最高齢登頂の偉大な事業を成し遂げられた三浦雄一郎氏の挑みをウェア、テント、ザック類など装備面でサポートしました。

ジャケットの着こなし方
紺プレザージャケット復活の予感
オンビジネスのジャケットの着こなし方
ノースフェイスのダウンジャケット
ノースフェイスのダウンジャケット
ノースフェイスのダウンジャケットの魅力
ノースフェイスのマウンテンジャケット
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康食品