本サイトについて

乳児湿疹のケアと原因と治療法などを紹介します。乳児湿疹はステロイド薬などで治療できますので適正なケアしましょう。また、ステロイド剤などの薬が乳児湿疹に効果があるようです。さらに特定の乳児湿疹にはアルメタ軟膏なども病院で処方してもらってください。赤ちゃんの乳児湿疹の薬は、ステロイドやアルメタ軟膏、アンダーム軟膏が効果的なようです。

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

乳児湿疹のケアと原因

乳児湿疹の原因の主なものは、汗や食べこぼしの汚れです。
症状としては頭や額、あごの周りに赤い発疹が見られたり、カサカサになるかジュクジュクするなど。
かゆみを伴う場合もあります。不潔の場所に出やすい点では、髪の毛の生え際などは脂分が多いので、乳児湿疹がおききやすいです。
髪の毛の中に出る湿疹は、乳児湿疹の中でも脂漏性乳児湿疹と呼びます。
毛根の周りには、皮膚を外部の刺激や細菌から守るためにあるのですが、その皮脂腺から出た脂肪を放っておくと、皮脂が固まってしまい、黄色いかさぶたのようなものになってしまうからです。
生まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんからもらったホルモンの関係で、大人よりも皮膚の分泌が活発になるので皮膚のトラブルが起こりやすいのです。
そのほか考えられる原因は、皮膚には誰にもマゼラン菌といいうカビの一種が付着しているのですが、皮膚を清潔にしていないと、それらの細菌が極端に増えて乳児湿疹の原因になるのです。
通常、毎日の洗浄で乳児湿疹は自然と消えるはずです。
ところで、1〜2ヶ月以上過ぎても、湿疹が良くならない場合は、アトピー性皮膚炎のこともあります。
おかあさんの食事内容に影響された母乳が原因の場合があります。
乳児期は新陳代謝が盛んで、湿疹が頻繁に出来やすいため、すぐには病名が定まらないことが多いです。
しかし、生後3ヶ月ごろから赤みのある湿疹が出始め場合などは、アトピー性皮膚炎も疑っておきましょう。

乳児湿疹は病名ではない

乳児湿疹というのは、病名ではないんですよね。
 特に髪の毛の生え際や眉毛の部分に出来た湿疹を脂漏性湿疹と呼びます。
 この部分に、黄色いふけや脂っぽいかさぶたのようなものがついてしまうのですが、湿り気を帯びた皮膚の塊を放っておくと、いやなにおいがするようになり、かさぶたの部分が赤色に変化して、その部分に赤い湿疹が出始めます。
 これはかゆみがあり、赤ちゃんは辛いのですが、そのままにしておくと、あらっても取れなくなりますので、常にこまめにケアをしましょう。
 髪の毛の生え際などは、皮脂が多く、不潔になりやすいのですが、他にも、わきの下やおへそ周り、又の内側などにでる場合もあります。
 これは、皮膚の毛根周辺には皮脂腺があって、皮膚を守るために皮脂が分泌されるわけですが、この皮脂が固まっているのがこの脂漏性湿疹です。
 では、なぜ、赤ちゃんに脂漏性湿疹がおおいのでしょう。
 これは、赤ちゃんがお母さんからもらったホルモンの性で、皮膚の分泌が活発になるからです。
 そのほか、珍しい原因としては、ビタミンBの代謝異常であったり、皮膚にあるマラセチア菌というカビの一種が増えることもあげられます。
 そのケアは、新陳代謝が盛んな赤ちゃんの皮膚を常に清潔にすることが一番です。
 とくに、頭の柔らかい部分、頭頂部は洗いにくいものですが、普通に洗っても大丈夫です。
 頭頂部も怖がらずにきれいに洗ってあげましょう。

乳児湿疹のかさぶたのケアと処理

頭や顔についている皮膚や汚れは、入浴時に石鹸を使って洗えば、通常はきれいに落ちます。
あわ立てた石鹸で洗ったあと、よく流し落とすことは忘れないでくださいね。
特に、乳児脂漏性湿疹の場合、清潔にしておくことがだいじです。
ガーゼなどでやさしく、ごしごしこすらずに、汚れをふき取ればいいと思います。
食事の前に、口のまわりに白色ワセリンを薄く塗っておくのも一つのケアです。
肌を保護出来るからです。食後はぬるま湯で絞ったガーゼで拭いて、保湿薬を塗れば十分ですね。
次には、1日1回の入浴で、ふけのようにこびりついたかさぶたを取りたいのですね。
通常なら丁寧に洗い流せば取れるものですが、中には、それだけでは取れないものもあります。
この場合は、ベビーオイルやオリーブオイルをたっぷり浸み込ませたコットンを、しばらく当てておきましょう。
時間を置くとかさぶたがふやけて、はがれやすくなります。
入浴前に、30分間ほど、そのままコットンを当てておくといいかもしれません。
十分ふやけた跡に、シャンプーや石鹸できれいに洗ってください。
洗い終わったら、処方された外用薬を塗っておくことです。
それでも取れない場合は、白色ワセリンや亜鉛化軟膏をリント布に厚めに乗せ、かさぶた部分にはり付けておきましょう。
1日そのままにしておけば、軟膏でかさぶたがやわらかくなり、浮き上がりますので、やはり、ベビーオイルやオリーブオイルでふき取りましょう。
上手にはがれると思います。もちろん取ったあとに石鹸で洗ってくださいね。
ふやかしても洗ってもかさぶたがついたままの場合は、無理をせず、自然に取れるのを待ったほうがいいです。眉毛のかさぶたの場合は、ベビーオイルやオリーブオイルで拭いた後、白色ワセリンや亜鉛華軟膏を塗っておくだけにしましょう。
軟膏などが赤ちゃんの口に入るのは避けねばなりませんよ。丁寧にケアしましょう。

乳児湿疹のケアは清潔から

生後数ヶ月は母親からのホルモンの関係もあって、赤ちゃんは脂性であったり、おでこなどに汗をかいていることが多いです。
 ちょっと、赤ちゃんのおでこなどを舐めてみてください。
 しょっぱくありませんか?湿疹のできる子は肌がとても敏感で、ミルクのかす、よだれ、汗などでかぶれを起こします。
 日中もこまめにふき取っておきましょう。
 ふき取りは、ぬれたガーゼなどでたたくようにしてください。
 乳児湿疹のケアのためにはもちろん下着も清潔なものを着せるようにしましょう。
 洗濯洗剤は界面活性剤や漂白剤が出来るだけ入っていないものを使ってください。
 すすぎはもちろん徹底しましょう。お風呂は毎日必要です。
 シャワーだけでもいいですので、一日一度は必ず刺激の少ないベビー石鹸で体全体を洗いましょう。
 ブラシ、スポンジなどは、乳児湿疹には刺激が強すぎますので、湿疹のひどいところは手のひらで泡を転がすように静かに洗いましょう。
 また、石鹸成分が肌に残らないように、石鹸をきちんと流しましょう。
 保湿剤も刺激の少ないものを使ってください。薬を塗る場合にも気をつけて欲しいことがあります。一度薬を塗ると、その部分にはほこりなどがついているものです。お風呂に入らず、さらにその上に薬を塗るのは、湿疹にふたをするようなものですよね。
 薬を塗る前には必ず肌を清潔にしてからにしてください。
 乳児湿疹ケアは、まずは清潔を心がけることです。

乳児湿疹の薬について

湿疹が出始めたら、ともかく清潔と保湿を心がける方が多いでしょう。でも、それでも良くならない場合に、皮膚科へ行くことは必要です。薬には抵抗感があったのですが、ステロイド、非ヒステロイド系など、いろいろあるので安心しました。
でも、その薬が乳児用の弱いものであることは確認しておくといいですね。
さて、薬の塗り方ですが、「どんなに優れた塗り薬でも、清潔でない肌に塗るのは、害にしかなりません」と、アレルギー専門のお医者さんはおっしゃいます。
どうしても薬を塗る必要が生じた場合はシャワー浴でもいいですので、石鹸で体の汚れを浮き立たせて洗った後、塗り薬を塗りましょう。
塗る量は、、乳児用の弱いものであれば、1日2,3回たっぷり塗っても大丈夫とのことです。
ただし、長い期間塗り続ける前に、効き目がないようでしたら、再度お医者様に相談してください。
乳児湿疹はおかあさんからもらった脂性などで起きる場合がほとんどですので、時が経てば自然と消える場合が多いです。
出来るだけ薬に頼らず、清潔を心がけていただきたいですが、ひどい場合にはカユミをとるためにも、乳児湿疹が専門の医者に薬の処方をしてもらってください。アルメタ軟膏なども病院で処方してもらいましょう。

乳児湿疹の日常の注意

生後およそ1カ月〜1カ月半頃になると、脂漏性湿疹といって、乳児湿疹の中でも、とくに、おでこの上の方から前頭部にかけて湿疹が出る場合があります。
 これは、余分な脂が漏れるからですが、大人のニキビみたいなものですね。皮膚の分泌が活発なために起きるものですが、スキンケアとしては余分な脂を取るために入浴を欠かさないことです。
 汗などもシャワー浴でいいですので、清潔にしておきましょう。この脂漏性湿疹が膿んでしまうと、二次感染も気をつけねばならないので、皮膚科で受診しましょう。
 抗生物質入りの塗り薬や、ひどいときには、内服薬も処方してくれます。
 かさぶたが取れている場合、そこからばい菌が入ってしまう可能性もあるので、この塗り薬はつけたほうがいいですが、ご自分の手を特に清潔にしてから塗り薬をつけましょう。
 でないと細菌があちこちに感染してしまいます。また、肌が乾燥しているとかゆみが増して、赤ちゃんがひっかく心配があります。乾燥だけの場合は、市販の保湿剤を塗ってみましょう。
 もちろん低刺激のものを選んでください。さらに、乳児湿疹のかゆみは温まると増してきまので、部屋の温度を上げすぎないようにしましょう。
 暖かくしすぎると体温が上がり、皮膚血管が拡 張してかゆみが強くなりと言われています。クー ラーや除湿機などを利用して、蒸し暑さも防ぐといいですね。
 あるいは、夏は頭の体温が高くなりますので、髪の毛を短くカットすることもお勧めですし、昼寝のときの水枕などもいいですね。

乳児湿疹のケアと治療法
乳児湿疹は病名ではない
乳児湿疹のかさぶたのケアと処理
乳児湿疹のケアは清潔から
乳児湿疹の薬について
乳児湿疹の日常の注意
赤ちゃんの乳児湿疹の薬
赤ちゃんの乳児湿疹の薬のいろいろ
アンダーム軟膏
乳児湿疹の薬:ベビーバーユとは
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康食品