本サイトについて

KOOS(コース)はサンダルやブーツなどの靴が通販でも人気です。特にKOOS(コース)のショートブーツはいいですよ。レッドウィングはエンジニアブーツで有名。ブーツは手入れにも気をつけよう。97年に日本別注として誕生したレッドウィング ペコスブーツにも注目。ブッテロ(Buttero)は財布やバッグ、靴などが人気のブランドです。ブッテロ(Buttero)で人気があるブーツはサイドジップやバックジップアップブーツ、レースアップブーツです。

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

靴やバックが人気のKOOSとは?

 KOOS(コース)とは、シンプルなデザインを追求したオランダのブランド。素材がもつ自然な美しさを生かした靴やバックを展開するブランドで、デザイン、企画ともにオランダで行われています。
 天然素材のみを使用し、自然の風合いを大切にすることで暖かみのある製品であることが特徴。ベーシックなデザインは時代や流行に流されることなく、その優しい風合いは身に着けているだけでリラックスできるような不思議な魅力をもっています!このナチュラルテイストたっぷりのクースはハンドメイドならではの温かみを感じさせるブランド。
 どこか野暮ったい感じのかわいらしさがあり、身に着けると「少女」のようなピュアな気持ちがよみがえってきそうです♪カントリー調のお洋服やガーリーなお洋服にぴったり。
 バックとブーツ、おそろいで欲しいところです。
 飽きのこないデザインは長く愛用できそうです♪

KOOSのブーツ

 天然素材以外は使わず、しかも一点一点熟練した職人の手で作られたKOOSのブーツ。実はこのブランド、できてまだ間もないほやほやブランド。(設立は2001年です)シンプルなデザインと色やディテールにこだわった逸品で、ハンドメイド特有の温かさを感じます。
 KOOSは「快適さ」「カジュアル」「エレガント」の3つをキーワードに作成されており、「KOOS」はオランダ後で「選択する」という意味をもつそうです。
 オランダ人と日本人との共同開発できたKOOSですが、ブランド名の由来はなんと日本の「古酒(こしゅ)」からきているそうです。
 沖縄では古酒のことを(クース)とよぶのですが、それと何か関係があるのでしょうか…KOOSのブーツは春・秋・冬とほぼオールシーズン活用可能。
 素材もレザー、スェード、レザー+布地など色々な種類があります。丈もカラーも豊富なので、ぜひ自分だけのお気に入りの一品を選択したいですね♪女性らしく、かわいい小粋なイメージを演出してくれるKOOS。

KOOSのブーツのこと

 ナチュラルテイストたっぷりのKOOSのブーツ。そのシンプルなデザインとディテールに拘ったブーツが大人気。ショートブーツのBASILはコロンとしたフォルムがかわいい手作り間を残した温かみのあるデザイン。
 素材がやわらかく、細身のパンツやスカート&スパッツの重ね着にもぴったり!ペタンコソールなので歩くのがラクチンなんです。
 同じくショートブーツのOLM(オルム)はハンドクラフトの風合いがとってもかわいい一品!柔らかな温かみを感じさせるスエード素材、きゅっと結んだレザーリボンがなんとも可愛らしいです。
 タイツやデニムとコーディネイトして冬〜春まで活用できます♪特にこのオルムはKOOS通には大人気。
 そのほかにもレザーブーツのベロニクショートブーツも人気です。
 サイズはインポートサイズとなっておりますので、お求めの際はご自分のサイズを確認してくださいね!

レッドウィングの歴史

 アメリカではブッシュ元大統領が愛用し、日本では大人気のドラマの劇場版で木村拓哉が履いていた事でも有名なキング・オブ・ブーツ、レッドウィング。
 本場アメリカではワークブーツでのシェアは約30%を誇り、セイフティシューズでは、約80%を占めています。
 全世界で支持され続けているその歴史は1905年、アメリカの中西部のミネソタ州にあるレッドウィングシティで、靴販売のビジネスをしていたチャールズ・ベックマンが設立した、レッドウィングシューカンパニーという小さな町工場から始まりました。
 レッドウィングシティの名前は開拓当時、この地域を治めていたネイティブアメリカンのスー族の酋長である、ワクタ・レッドウィングが由来であり、その由来通り、今もなお古き良き時代のアメリカの街並みを留めています。
 ミネソタ州には数多くの湖や川が存在し、中でも州を大きく縦断しているミシシッピー川の美しい水と、豊富な自然は良質の皮を作るのに適し、古くから皮革産業が盛んな土地でした。
 そんな土地柄を活かした品質の高さと機能的でスタイリッシュなデザインが評判を呼び、1919年のブラウンチーフ・シリーズでレッドウィングの名はアメリカ中に轟き、チャールズ・ベックマンは見事に成功を収め、その後も創業当時の素材、製法を頑なに守り続け、2005年には100周年を迎えるまでになったのでした。

J・R・スウィージーとワークブーツ、レッドウィング アイリッシュセッター

 世界中で愛されているワークブーツのシンボルである、レッドウィングのアイリッシュセッターは1950年、三代目社長のJ・R・スウィージーがハンティング向けのスポーツブーツの開発を命じた事により誕生しました。スポーツ好きだった、J・R・スウィージーは静かでクッション性が良く、快適に歩けるクレープソールを取り入れ、取引先の皮革業者が開発した、弾力性・防水性に富み、硬くなりにくいといった優れた特徴を持つオレンジ色のオロ・ラセットの権利を取得し、その色がアイリッシュセッターの毛に似ていることから名付けられました。
 現在もなお、40数年前の基本的なデザイン、素材、製法そのままに生産されていて、その高い品質とスタイルは守り続けられています。
 また、J・R・スウィージーは新たな小売店販売を展開し、アイリッシュセッターのようなワークブーツだけではなく、その時代、時代に応じた商品を展開し、ヒット商品を飛ばしています。
 97年に日本別注として誕生したレッドウィング ペコスブーツにも注目。

レッドウィングのこだわり

 レッドウィングの創立者である、チャールズ・ベックマンは素材にこだわった人でした。革は剥いだ動物の皮の乾燥や腐敗を防ぐためになめし加工をするのですが、その前に塩付けにして運び、塩抜きをしてからなめし加工をするのが一般的でした。
 そうした工程は革の品質を落とすものでしたが、19世紀後半の当時はそれが当たり前でどの業者もそれを使用していました。
 しかし、チャールズ・ベックマンはそうした工程に疑いを持ち、創業当時から死後2〜5時間の間に加工をする、フレッシュハイド製法で生産し、ブーツ作りの最も重要な革のクオルティの向上に努めたのでした。
 そして、ただ、作るだけではなく、取引先や小売店での接客や、フィッテングに力を入れ、手入れ方法やリベア方法などを提案することにより、顧客を獲得していったのでした。
 こうしてクオリティの高さと斬新なデザインだけではなく、末永く愛用される靴というレッドウィングのこだわりがアメリカ中に広まり、キング・オブ・ブーツとして、レッドウィングは世界のトップブランドへと大きく成長していったのです。

KOOS(コース)のブーツ
KOOSのブーツ
KOOSのブーツのこと
レッドウィングのブーツ
レッドウィングの歴史
J・R・スウィージーとワークブーツ、レッドウィング アイリッシュセッター
レッドウィングのこだわり
ブッテロのブーツ
ブッテロ(Buttero)とは?
ブッテロのブーツの魅力
ブッテロのおすすめブーツ
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康食品